子供の身長を伸ばしてあげたい!飲みやすくて効果のあるサプリは?

親の子供に対する心配の一つは身長

親は、何かと子供の成長において心配をしたがるものです。自分が子供の頃は、そんなに心配しなくてもいいのにと思ったことでも、親になると親心から思わずいらぬことまで心配をしてしまうのです。その一つが子供の身長です。保育園や幼稚園に入って子の背丈が周りの子よりも小さい場合は気にしてしまいます。もちろん、身長は年齢とともに伸びていきますし、今は小さくても、将来的には他の子供よりも大きくなることも十分に考えられます。1年で10センチぐらいは伸びる子供も珍しくありません。ですが、もし、このまま周りの子供に比べて小さいままだとすればと考えると夜も眠れないでしょう。(そんな方におすすめなのが成長サプリです。)

 

背丈が小さいと色々な面でマイナスがあります。まず、体操などを除けば、スポーツをする時に不利になることです。バスケやバレーはもとより、野球やサッカー、テニス、柔道などをする時には体の大きさが重要になりますので、選択の幅が縮まります。就職をする場合も選択の幅が縮まる場合もあります。例えば、警察官や自衛官になる場合です。身長制限がありますので、男性であれば165センチ未満の場合は合格することができません。女性の場合もキャビンアテンダントなどは身長制限がありますので、できることなら身長は平均かそれよりも大きい方がいいでしょう。

 

では、子供の身長を伸ばすにはどうしたらいいでしょうか。結論から書くとサプリを飲むことで解決することができます。

 

背丈が大きくなるかどうかは、運動と食事、睡眠、遺伝で決まります。
このうち、遺伝は後天的に変化させることはできません。よく、両親の背が高いところの子はやはり背が高かったりします。これは、遺伝による部分もあるからです。ですが、遺伝がすべてではありません。親の遺伝が子の身長に及ぼすのは2割から3割程度なのです。残りの7割から8割は、食事と睡眠、運動にあります。これらをバランス良くすることで背丈が伸びていきます。

 

背丈を伸すサプリもある

背丈を伸すには、適度な運動と睡眠、そしてサプリが重要です。

 

運動と行っても本格的なスポーツをする必要はありません。遊びでも背丈が高くなります。今まで家でゲームなどばかりしていたならば、できるだけ外で遊ばせるようにしましょう。公園で走り回ったりするだけで将来的に背丈が伸びます。全身を動かすことで、体の各部分が活性化をして骨が伸びて来るのです。紫外線も重要です。過度な紫外線は皮膚癌などにつながる可能性もありますが、適度な紫外線を浴びることは子供の成長には欠かせません。

 

次に、睡眠です。睡眠は大人の感覚だと8時間ぐらい寝ることができれば十分と感じてしまうかもしれません。ですが、小学生の低学年以下は10時間以上、高学年でも9時間の睡眠を確保することが大事になります。できるだけ睡眠時間を取れるように親も環境を変える努力をするべきです。

 

最後に、食事です。食事は、タンパク質とアルギニンが重要になります。タンパク質は、骨を成長させるのに役立ちます。一方、アルギニンは成長ホルモンを活性化させることに役立つのです。そうだとすれば、普段の食事にタンパク質の多い肉や魚・牛乳・大豆を含んだ食べ物や飲み物を入れる必要があります。一方、アルギニンは、加工大豆や湯葉に多く含まれています。

 

また、豚肉のゼラチンにアルギニンが多く含まれています。代表的な料理は豚の角煮などになります。ただ、子供に対して湯葉や角煮ばかり出すわけにもいきません。アルギニンに関しては栄養士並みによほど意識をしない限り十分に摂取するのは少々困難です。

 

そこで、飲みやすいサプリで摂取することが大事になります。最近は偏食に陥りやすい子供のために飲みやすいサプリメントが開発されています。アルギニンが主に含まれている物を探して、子供に飲ませると、背丈の悩みがなくなるのではないでしょうか。

 

現代はサプリを飲むことによって効率良く栄養を摂取できるので、サプリを飲むことをおすすめします。