子供の身長が低いといじめに合う可能性があるかもしれない

子供の身長が低いといじめに合う可能性も

子供の身長が低いということで、いじめに合う可能性はあります。親からしたらそれは、とても切ないことですし、心配でしかありません。なぜ背が低いというだけで、辛い思いをするかというと、背が低いことで弱そうに見えるからです。世の中は弱肉強食の世界であり、特に子供というのは容赦なく攻撃を仕掛けます。自分よりも弱そうな人間をターゲットにして、言葉と肉体的との暴力を繰り返しますが、やっている方としてはゲーム感覚でしかありません。

 

面白くて仕方がないですし、弱い者は反撃もしないので、やられっぱなしの姿です。その姿を見て、自分が偉くなった気分でいるという、大人がやっていることを、彼らは同じように行っているだけです。大きな声で反撃をできればまだ良いものの、背の低いというコンプレックスは、気を弱くする要素にもなってしまい、反撃の言葉さえ出てこないものです。親も知らないところで、辛い目にあうこともあります。

 

子供には希望を持たせることと学びを

背の低いというのはキッズたちにとってみれば、ストレス発散のターゲットになります。しかし小さな背であっても、それほど面倒な事に巻き込まれないキッズもいるのは、親の導きが大きいからでしょう。まだ成人にも満たない幼い人間には、自分を守るすべがわかりません。その中で長く人生を生きてきた大人の親は、助け舟を出してやることです。

 

気弱な態度は御法度であり、とにかく大きな声で話すこと、元気な挨拶に友人たちと元気に遊ぶこと、そして誰よりも勉強を頑張ることです。それを大人は子供に教えてあげて、嫌がらせをしてくる人間など、近寄らせないほどの力を身につけさせることです。まだ成長期であるために、背が伸びることは大いに考えられます。

 

キッズたち本人の努力とともに、親は彼らの食事内容にも気を使ってあげましょう。コンビニの買い食いなどはさせないで、カルシウムやビタミンなど、新鮮な食材の栄養を与えることです。