女子の最終身長は予測ができる!

女子の子供の身長の求めかた

女の子の子供を持つ親としては、その子供が将来的にどれくらいの身長の女子になるか気になるのではないでしょうか。女の子とはいえ、余り背が低いのも虐めにあったりしますし、おしゃれをする場合でも、お気に入りの服のサイズがないこともあり、制限された中で選ばなくてはならなくなります。もちろん、背が高い場合も同じようなことが言えます。
そこで、ちょうどいい身長になるようにしたいところですが、実際に育てる前に身長を予測することが出来るかが問題になります。

 

結論から言えば、将来の背丈はある程度予想することが可能です。どのように予測するかと言えば、親の背丈から求めるのです。これは、父親と母親の背丈が分かれば、求めることは可能です。

 

父の背丈+母の背丈から13を引き2で割ることで、求めることができます。例えば、177センチの父親と163センチの母親の場合であれば、子の将来の身長は163センチぐらいになることが分かります。

 

遺伝以外で背丈をコントロールできるか

両親の遺伝により背丈が決まるというのは、昔から言われていることですが、ただ、親の背丈が子供の背丈に影響を与えるのは、せいぜい2割から3割ぐらいで、残りは生後の生活環境などが大きく関係してきます。

 

生活環境としては、食事が意外と重要になります。背丈を伸す場合は、タンパク質を多く摂取した方がいいのです。タンパク質は、大豆や牛乳、魚に多く含まれていますので、両親の背丈が低い場合は、多めに食事に出すといいでしょう。逆に、余り背を伸したくない場合には、やや控えめに出すとよいです。

 

食事以外は、睡眠時間が将来の娘の背丈と関係します。寝ている時は成長ホルモンが活発になります。幼稚園児の子供は、寝ている間に成長痛を起こすことがあり、夜泣きをすることがありますが、これは寝ている間に背が伸びるということでもあります。具体的な睡眠時間は10時間が目安です。背丈を伸したい場合は10時間以上寝かせるのがいいでしょう。