女の子の年齢別平均身長・平均体重

女の子の年齢別平均身長や平均体重について

女の子の年齢別平均身長や平均体重は、その年齢と数ヶ月の差でも違いが出てきます。子供は育ち盛りであるために、あっという間に成長を果たすことになります。10歳から11歳くらいでしたら、平均は135cmから144cmくらいです。体重は32kgから37kgほどが、この年代の平均です。12歳から13歳になると、149cmから154cmほどであり、42kgから47kgほどになります。

 

16歳から17歳あたりになると、157cm前後が平均値であり、52kgから53kgほどとなります。ボディマス指数はBMIであり、背の高さと重さより算出できるものです。子供たちにもBMIの数値は出すことができますし、人間の肥満度を知ることのできる体格指数になります。普通の標準は、18.5以上から25未満の範囲内です。18.5未満になるとやせ型と判断ができますし、25以上から30未満は軽度の肥満になります。

 

子供は成長期にまだまだ背は伸びる

女の子でも成長期であれば、まだまだ背は伸びる可能性を秘めています。男性ほどのコンプレックスを、背の高さで抱えることはないものの、ある程度の背の高さを望むのは一般的な見解でしょう。平均的に背が伸びるためにも、毎日の生活は大事にしていく必要があります。親の生活はそのまま、一緒に暮らす我が子達も同じように繰り返します。親の真似をして大人になるので、大人としても自分の行動には責任を持つ必要があるのです。

 

健やかに背を伸ばして、無駄に肥満体型にならないためにも、生活習慣を正すことは大事なことです。幼い頃に肥満になってしまうと、大人になってからも繰り返して肥満になりやすくなります。無駄に肥満などの悩みの種を植え付けないためにも、小さなうちから生活習慣をただしていく必要がありますし、その見本は嫌が見せなければなりません。夜は早く寝て朝は早く起きる習慣を身につけて、新鮮な栄養の食事を食べるようにすることです。